東京外為:ドルもみ合い、米景気懸念緩和が下支え-ユーロが堅調

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=109円台半ばを中心にもみ合い。前日に米国で発表された経済指標で 製造業部門の底堅さが確認されたことや日米欧の通貨当局によるドル防衛策へ の警戒感がドルの下支え要因となっている。ただ、原油相場の上昇で米景気の 先行きに強気の見方も醸成されにくく、ドルの上値は限定されている。

住友信託銀行マーケティングユニットの松本三郎チーム長は、前日の海外 市場では、ウェーバー独連銀総裁の利下げけん制発言を契機にユーロ買いが進 んだ局面がみられたと説明。一方で、「ドルは米指標の強含みを受けた株価上昇 で買い戻される場面も見られたが、原油相場の上昇で株の上げ幅が縮小すると、 上値が限定された」としたうえで、ドル・円相場は目先、月末の需給要因もあ り、109円台を中心としたもみ合いが続くとみている。

ユーロ堅調

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのウェーバー独連銀総裁は、 26日にフランクフルトでインタビューに応じ、「現在の金融政策はほぼ適切な 水準にあり、欧州での利下げに関する議論は時期尚早だと思われる」との見解 を示した。

ECBの政策委員会メンバー、リープシャー・オーストリア中央銀行総裁 も27日に、訪問先のベルリンの大統領府で、インフレの脅威について、「以前 にも増して警戒が必要になる」と語っている。

ECB当局の発言を受けてユーロが底堅い推移となっており、前日のユー ロ・ドル相場は1ユーロ=1.4633ドル(ブルームバーグ・データ参照、以下同 じ)までユーロ安が進む場面も見られたが、1.4776ドルまで回復。この日は1.47 ドル台半ばを中心に取引されている。

この日のユーロ・円相場も一時1ユーロ=161円71銭と、3営業日ぶりの ユーロ高値を付けている。

米製造業部門の底堅さ

半面、米商務省が前日に発表した7月の製造業耐久財受注額は前月比1.3% 増と、ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想の前月比横ばいを上回っ た。前月分も速報値の0.8%増から1.3%増に上方修正されている。

また、変動の大きい輸送用機器を除く受注は0.7%増と、市場のマイナス 予想に反して、プラスを維持した。

製造業部門の底堅さが確認されたことなどを背景に、前日の米国株式相場 は続伸。株価の予想変動率の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE) のボラティリティ指数(VIX指数)は低下した。

株式への警戒感が薄れると、外為市場では低金利の円から高金利通貨など に投資資金をシフトするリスク選好的な動きが出やすくなる。前日のドル・円 相場は一時108円71銭と、3営業日ぶりのドル安値を付けたあと、109円89銭 までドルが値を戻した。

ただ、前日はニューヨーク原油先物相場が、米製油所の集中するメキシコ 湾に向けて進行しているハリケーン「グスタフ」の勢力が「カトリーナ」以来 で最強になるとの観測を背景に続伸。原油の先高警戒感もドルの上値が抑えら れている面もある。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのヘッド・オブ・FXストラテ ジー・ジャパンの山本雅文氏は、「米国の金利がなかなか上がっていないという こともあり、ドルは上に行きにくい」とみている。

日米欧のドル防衛策を警戒

一方、28日の日経テレコンは、米国でのサブプライム(信用力の低い個人 向け)住宅ローン問題をきっかけにした米金融不安でドルが急落したことし3 月に、日本と米国、欧州の通貨当局がドル買い協調介入を柱とするドル防衛策 で秘密合意していたことが明らかになったと報じた。

同報道では、為替市場の安定に向けた緊急共同声明が検討されたことも明 らかとなっており、これを受けて市場ではドル売りに慎重な姿勢が強まる可能 性がある。

そうしたなか、米アトランタ連銀のロックハート総裁は27日、当局の金利 政策はインフレ低下方向と「整合的」だとの見解を示す一方、必要な場合には 政策金利引き上げの用意があることを示唆。米国の利上げ観測を背景にドルの 下値も限定されそうだ。

--共同取材:曽宮一恵 Editor: Hidekiyo Sakihama Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN