独シーメンス:ロシアやペルシャ湾岸地域のSWFと出資交渉-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は 27日、エンジニアリング欧州最大手のドイツのシーメンスについて、長期的株 主の基盤拡大を目指し、ロシアやペルシャ湾岸地域などの政府系ファンド(S WF)と交渉していると報じた。

シーメンスのジョー・カエザー最高財務責任者(CFO)は同紙に対し、 そういったファンドの「積極的な関与」を大いに歓迎すると述べ、株主として 同社への参加を希望する投資家であれば誰に対しても「極めて開放的」な姿勢 であることを明らかにした。

同紙は、政府系ファンドが同社の株式を大量保有する可能性が政治的な論 争を呼びそうだと指摘している。