アトランタ連銀総裁:金融政策は総合インフレ率低下方向と「整合的」

米アトランタ連銀のロックハート総 裁は27日、当局の金利政策はインフレ低下方向と「整合的」だとの見解 を示す一方、必要な場合には政策金利引き上げの用意があることを示唆 した。

同総裁はアトランタ州のジョージア州立大学で講演。講演用に準備 したテキストでは「米経済動態を考慮すると、米連邦公開市場委員会 (FOMC)の現行の政策は予想される総合インフレ率の低下方向と整 合的だ」と指摘した。同時に、「今日のリスクの高まりにも留意してお り、インフレ期待が上昇しないよう確実にするために、いつ何時も政策 変更の用意がある」と表明した。

さらに、「このところのインフレ指数は私が望む以上に上昇してい るものの、最近の物価上昇は継続的というよりも一時的である公算が大 きいと言えよう」との見方を示した。その上で、「インフレ期待は緩や かに上昇してきた可能性はあるが、顕著なものではない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE