中国株(終了):CSI300指数、5日続落-海洋石油工程など安い

中国株式市場で、CSI300指数は5営業日 続落。ここ10週間で最長の連続下落となった。燃料・原材料コストの上昇によ る運輸会社などの収益悪化が嫌気された。

油田サービス大手の海洋石油工程(600583 CH)は、2日連続で値幅制限い っぱいとなる10%の下げ。2008年1-6月(上期)決算が、コスト上昇や悪天 候の影響で前年同期比33%減益となったことに反応した。中国3位の航空会社、 中国東方航空(600115 CH)も下落。同社の上期決算は、ジェット燃料費の増加 が響き29%減益だった。海運大手のチャイナ・シッピング・コンテナ・ライン ズ(中海集装箱運輸、601866 CH)も上期決算が45%減益となり、売られた。

マルコ・ポーロ・ピュア・アセット・マネジメントのクリス・タン最高投資 責任者(CIO、香港在勤)は、「コストは減少していないのに、需要見通しは 悪化していることから、多くの企業の収益が圧迫されることになるだろう」との 見方を示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比6.24ポイント(0.3%)安の2325.29で終了。終値としては 18日以来の安値。また6月17日までの10営業日続落以来、最長の連続下落と なった。

海洋石油工程は1.61元(10%)安の14.46元。中国東方航空は0.17元 (3.5%)安の4.73元。中海集装箱運輸は0.06元(1.7%)安の3.57元。