債券相場は小幅続伸スタート、日経平均続落や好需給を背景に買い先行

債券相場は小幅続伸(利回りは低下)。東 京先物市場の中心限月9月物は、前日比12銭高の138円61銭で取引を開始した。 日経平均株価が続落して始まったことや、月末に向けて好需給が見込まれており、 買い先行となった。もっとも、あす28日に2年債入札を控えて上値は重いとみ られている。