ヒラリー・クリントン氏、オバマ氏支持を呼び掛け-米民主党の党大会

米民主党のヒラリー・クリントン上院議員 (ニューヨーク州)は26日夜、デンバーで開かれている同党の党大会で支持者 に対し、バラク・オバマ上院議員(イリノイ州)を同党の大統領候補として支 持するよう求めた。

クリントン氏は、大統領選は「われわれが勝たなければならない」将来の ための戦いだと指摘。予備選で「わたしに投票した人にとっても、バラク(・ オバマ氏)に投票した人にとっても、1つの目的に基づく1つの党として団結 する時は今だ」との考えを示し、「われわれは同じチームだ。見物をしている余 裕は誰にもない」と述べた。

この日は、マーク・ワーナー前バージニア州知事が基調演説を行ったもの の、最も注目を集めたのはクリントン氏の演説だった。演説は予備選で同氏を 支持したものの、オバマ氏への支持を決めかねている数百万人の国民に団結を 促す内容だった。

オバマ陣営はクリントン氏の演説が、ここ数日間で高まった両氏の支持者 間の緊張を和らげる役割を果たすことに期待をかけていた。クリントン氏の有 力支持者の間には、同氏が副大統領候補として選考の対象にすらならなかった ことへの不満があった。これに対してオバマ陣営は、最終的に副大統領候補に 選ばれない限り選考の対象にしないようクリントン氏自身から要請があったと 反論していた。27日には夫のクリントン前大統領が演説を行う。

USAトゥデーとギャラップの最新世論調査によると、予備選でクリント ン氏を支持した登録民主党員の16%は、共和党の大統領候補指名が確定してい るジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州)を本選で支持する見込み。

クリントン氏は「わたしにとっての大統領候補はバラク・オバマ(上院議 員)だ。彼がわれわれの大統領にならなければならない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE