ノムラのレスラー氏:米住宅市場は底入れ間近の可能性も

ノムラ・セキュリティーズ・インターナシ ョナルの米国担当チーフエコノスト(ニューヨーク在勤)、デービッド・レスラ ー氏は26日のインタビューで、米住宅市場が底入れしつつある可能性があると の自身の認識について次のようにコメントした。

「米国の住宅セクターが底入れしつつある可能性があることを示す数多くの指 標が見られる。特に販売は踊り場に到達し始めている」

「これまでのところ劇的な落ち込みはない。今後もそうなるとは思わない。現 在の水準付近で行ったり来たりの動きになると思う」

「新築住宅の在庫も妥当な水準に落ち着いてきている」

「在庫は今後も減少し続けると思う。そうなれば建設業者は、今よりも積極的 な建設計画を来年後半に再開することを検討するだろう」