インド株(終了):上昇、軟調の後に反転-原油下落でインフレ懸念緩和

インド株式市場では、指標のセンセック ス30種指数が軟調となった後に持ち直し、前日比上昇で終了した。原油相場 の下落で、燃料高がインフレをあおるとの懸念が和らぎ利上げ観測が後退した ことをきっかけに反転した。HDFC銀行とICICI銀行が回復を主導し た。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比31.87ポイント (0.2%)高の14482.22で終了。日中は1.1%安まで下げる場面もあった。

時価総額でインド3位の銀行、HDFC銀(HDFCB IN)は43.6ルピー (3.6%)高の1251.30ルピーと、5日以降で最大の上げとなった。資産額でイ ンド2位の銀行、ICICI銀(ICICIBC IN)は9.4ルピー(1.4%)上昇し

666.55ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE