ロシア株急落、MICEXほぼ2年ぶり安値-グルジア問題悪化を警戒

ロシア株式市場ではルーブル建ての MICEX(モスクワ銀行間通貨取引所)指数がほぼ2年ぶり安値に急 落。ロシア政府がグルジアからの分離・独立を目指す南オセチア自治州 とアブハジア自治共和国の独立を承認したことや、商品相場の急落が手 がかり。

ロシア2位の上場銀行、VTBグループは昨年実施した新規株式公 開(IPO)以来の安値まで売り込まれた。天然ガス世界最大手、ロシ ア国営のガスプロムは3営業日続落。

モスクワ時間午後3時32分現在、MICEX指数は前日比3.6%下 落の1273.01と、2006年9月以来の安値。同国のドル建て指標、RTS 指数は5.8%急落し1552.85と、ブルームバーグが統計を取る主要89株 式指数中で最大の下落率となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE