中国株(終了):CSI300指数、4日続落-海通証や国際航空が安い

中国株式市場では、CSI300指数が4営業 日続落となった。証券株が安い。25日の出来高が2006年11月以来の低水準に 落ち込んだことが影響している。

時価総額で中国最大の上場証券会社、海通証券(600837 CH)は、出来高の 減少で収益が減るとの懸念から7.8%下げた。国際線運航大手の中国国際航空 (601111 CH)は、1年8カ月ぶりの安値。人民元相場がここ4週間で最大の下 げとなるなか、海外債務の返済コストが増加するとの観測が広がった。宝山鋼鉄 (600019 CH)など鉄鋼株も安い。同社が10-12月(第4四半期)に製品を値下 げするとの一部報道が嫌気された。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比69.02ポイント(2.9%)安の2331.53で終了。

交通銀行シュローダー・ファンド・マネジメントで7億9000万ドル相当の 資産運用に携わる鄭拓氏(上海在勤)は、「7-9月(第3四半期)の企業決算 は、前の2四半期よりも悪化するだろう」とした上で、「一段安の水準で底を探 る展開となる可能性も排除できない」と述べた。

海通証は1.31元安の15.50元。中国国際航空は0.48元安の5.63元。宝山 鋼鉄は0.39元下げて6.30元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE