シンガポールのテマセク:08年3月通期は純利益倍増-資産売却が寄与

シンガポールの政府系ファンド(SWF)、 テマセク・ホールディングスが26日発表した2008年3月通期決算は、純利益 が前年と比べほぼ倍増した。資産売却を進め、株式のリターン(投資収益率) 低下を補った。

テマセクの年次報告書によれば、純利益は182億シンガポール・ドルと、 前年の91億シンガポール・ドルから増えた。同社は3月、シンガポールの電力 会社、テュアスパワーを42億4000万シンガポール・ドルで売却した。

30年以上前の設立後の年間投資リターン平均は18%。好調な収益が、弱気 相場のなかで米証券大手メリルリンチなどの株式取得に向けた資金調達の助け となった。世界の株式相場では過去1年間に時価総額で9兆米ドル相当が失わ れている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE