【注目株】三菱電、創建ホ、レナウン、電機、三井海洋開、サガミ(2

27日の材料銘柄は以下の通り。

三菱電機(6503):27日付の日本経済新聞朝刊によると、同社は2011年 度末までに高性能太陽電池の生産能力を約3倍に引き上げる。国内工場に100 億円以上を投資、発電効率が世界最高水準の製品を量産、発電施設や家庭向け に出荷するという。

創建ホームズ(8911):同社は26日、東京地方裁判所に民事再生手続き 開始の申し立てを行い、受理されたと発表した。負債総額は約339億円。不動 産市況の悪化に伴う金融機関からの融資の引き締めや住宅販売の不振などで経 営環境が悪化し、資金繰りが行き詰った。26日の株価終値は1万6100円。東 証は同社株を9月27日付で上場廃止にする。

レナウン(3606)などのアパレル各社:27日付の日本経済新聞朝刊は、衣 料品大手がブランド削減や出店抑制を本格化していると報道した。レナウンは 2010年2月期にも最大で全体の3割超にあたる23ブランドを削減、オンワー ド樫山(8016)は既に6ブランドを廃止、追加策を検討しているという。また ハニーズ(2792)は新規出店数を3分の1に減らすとした。

東芝(6502)や日立製作所(6501)などの電機大手:27日付の日本経済 新聞朝刊によると、上場企業の年金の積立不足額が5年ぶりに増加に転じた。 2008年3月期の不足額は7兆3162億円と前の期と比べて3.6倍になったとい う。積み立て不足の上位は電機メーカーが占めており、1位が東芝の4473億 円、2位が日立の4176億円、3位がホンダ(7267)の3722億円。

三井海洋開発(6269):ブラジルの国営石油開発会社「ペトロブラス」から FPSO(浮体式海洋石油生産・貯蔵・積出設備)1基の建造・チャーター契 約を受注した。受注額は明らかにしていないが、同FPSOは2010年末にブ ラジル・リオデジェネイロ沖で稼働する予定で、15年のチャーターサービス を計画しているという。

サガミチェーン(9900):主力業態の「サガミ」(うどん・和食)の既存店 売上高が会社側の想定を下回って推移、小麦などの原材料に加え、水道光熱費 も高く、中間期と通期の連結業績予想をそれぞれ減額修正した。2009年1月 期の連結営業利益は前期比26%減の2億9500万円になる見込みで、前回予想 を3億1000万円(51%)下回る。年間配当予想も5円に変更、従来予想から 10円引き下げ。

日本フェンオール(6870):ガス消火設備や爆発抑制装置などの営業力を 強化していることを鑑み、08年12月期の連結営業利益予想を11億9100万円 から12億3500万円に6%引き上げた。ただ上半期に発生した為替差損などで 純利益は据え置き、1株利益(EPS)は130円99銭を見込んでいる。

大和証券グループ本社(8601):傘下の自己投資会社が中国の飲料OEM (相手先ブランドによる生産)「宏全中国」に2200万米ドルを出資した。宏 全はペットボトルやペットボトルキャップの製造を行っており、年間売上高は 80億円規模。

三井物産(8031):メタルスクラップを主力とする豪シムスグループに約 189億円を追加出資し、保有比率を従来の16.0%から19.2%に高めた。三井物 は筆頭株主としてシムス社に2人の取締役を派遣している。

日本郵船(9101)、新日本石油(5001):両社は太陽電池で発電した電力 を船の動力に活用する実証実験を共同で行う。郵船は今後6年間で700億円の 環境関連投資を行い、新エネルギーによる運航への移行を進める。2013年ま でに同社のCO2排出量を最低10%削減し、50年には半減させる計画。

徳島銀行(8561):25日に民事再生手続き開始を申し立てた不動産会社 セボン(新宿区)に8億8000万円の貸し出しがあったと公表した。ただ担保 などで回収可能な分を見込むと影響は軽微とし、業績予想は変更しなかった。

関西アーバン銀行(8545):セボン破たんに伴い、同社向け債権41億円 に回収不能の恐れがあると26日発表した。このうち担保などで保全していな い11億円を7-9月期(第2四半期)に損失処理する。今回の件で業績予想 の下方修正などは予定していない。

アミューズ(4301):保有するコマ・スタジアム株について、東宝が実施し た株式公開買い付け(TOB)に応募。TOB成立によって5億6400万円の 投資有価証券売却益が発生する見込みとなった。さらに従業員生命保険の運用 形態見直しなどで1億3600万円の特別利益も見込めるとした。一方、CDパ ッケージの在庫処分やビデオカセット販売事業からの撤退などで計4億1800 万円の特別損失も出る見込み。業績動向をみながら数値が確定次第、業績予想 値を見直すとした。

メディア工房(3815):携帯電話向けコンテンツの販路拡大や携帯電話販売 事業での相乗効果を目的に光通信(9435)と資本業務提携する。光通信に対し 総額5129万円(1株につき2万4425円で2100株)の第三者割当増資を実施、 約5000万円を調達し、光通信子会社への出資資金に充当する。

中小企業信用機構(8489):26日開催の臨時株主総会で決算期を従来の「3 月31日」から「8月31日」に変更するとの定款一部変更案が可決された。こ れに伴い、今期は08年4-8月の5カ月変則決算になり、その業績予想を売 上高5億円、営業赤字1億9400万円とした。

伊藤忠食品(2692):27日付の日本経済新聞朝刊によると、同社の08年 9月期の連結営業利益は前期比7%減の47億円程度になる見通し。同社は 4%増の52億円を見込んでおり、一転、減益になるという。食品メーカーが 相次いで商品を値上げし、スーパー向けなどで価格転嫁が進まなかった。

インテリジェンス(4757):7月の月次売上高は、人材紹介事業が前年同月比

8.6%減の12億円、転職サイトが同20%減の4億3200万円など。

パレモ(2778):ガソリン高などで消費者の購買心理が低下、8月度(20日 締め)の既存店売上高は前年同月度比9.7%減となった。

タカラバイオ(4974): 京都市左京区にクリニックをかまえる「医聖会百万 遍クリニック」で9月からがん細胞免疫療法による治療を開始すると発表した。 京都府立医科大学とも連携する予定。

プレシジョン・システム・サイエンス(7707):遺伝子発現解析市場で世界 をリードする米アフィメトリックス社の主力分析機「GeneChip3'IVT」(マイ クロアレイ)の前処理工程で、同社の自動前処理装置「Magtraion12XP」が採 用される見通しとなった。適合性が認められたもので、Magtraion12XPの拡販 が期待できるとしている。

ガーラ(4777):子会社「ガーラバズ」(渋谷区)が動画サイトにアップ ロードされた動画の監視と削除申請を行える「ニコチューブチェッカー」のテ スト販売を開始した。違法動画を効率的に監視できるという。

チップワンストップ(3343):27日午前8時45分に東証・自己株式立会外 買付取引(ToSTNeT-3)で自己株式1200株を買い付ける。発行済み株式総数 の3.96%に相当するが、一部または全部の取得が行われない場合もあるという。

藤倉化成(4620):9月に公募増資と筆頭株主フジクラ(5803)を引受先 とする第三者割当増資を行い、最大40億円を調達する。5月に米国の同業を 買収した際の短期借入金の返済に充てるため。発行する新株は最大460万株、 発行済み株式総数の16%に相当する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE