NY銅先物:上昇-ドル相場失速懸念でインフレヘッジ需要が再燃

25日のニューヨーク銅先物相場は上昇。ド ル相場上昇が失速するとの懸念から、インフレヘッジとしての商品需要が再び 高まった。

先週のドル相場はユーロや円など主要6通貨に対して0.5%下落し、週間ベ ースで5週間連続の上昇が止まった。通貨バスケットに対するドル相場が3月 に過去最安値を付けるなかで、今年の銅相場は14%上昇している。大半の商品 相場はドル建てで、ドル相場と反対の動きをたどることが多い。

コモディティ・ブローキング・サービシズ(シドニー)のマネジングディ レクター、ジョナサン・バラット氏は「ドルがこうした水準から軟調に転じれ ば、商品相場全体が上昇する」と指摘する。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場9 月限終値は前週末比0.5セント(0.1%)高の1ポンド当たり3.4645ドル。6 週連続で下落していた銅相場は先週4.4%上昇した。

この日のドル相場は通貨バスケットに対して一時0.3%安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE