NY原油(25日):上昇、ロシア議会のグルジア2自治州独立承認で緊張

ニューヨーク原油先物相場は上昇。ロシ ア上下両院は25日、グルジアからの分離・独立を目指す南オセチア自治州と アブハジア自治共和国の独立承認を支持する決議案を採択したことから、同地 域で新たな緊張が生まれるとの懸念が強まった。

ロシア議会の採択を手掛かりに、原油相場は0.4%上昇した。アゼルバ イジャンからグルジアを通過しトルコの地中海に通じるBTC(バクー・トビ リシ・ジェイハン)パイプラインは油送を再開した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物10月 限は前営業日比0.52ドル(0.5%)高の1バレル=115.11ドルで終えた。

アラロン・トレーディングのシニアトレーダー、フィル・フリン氏は「商 いが薄いため、あまり材料がなくとも値動きがある程度大きくなっている。ロ ンドンは25日が祝日で、多くの米国市場参加者は9月1日のレーバーデーの 祝日を前に休暇を取っている。当社はグルジア情勢やドル相場、天候から値動 きの動向をみていく」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE