欧州債:上昇、信用市場不安で「質への逃避」、2年債利回り一時4%

欧州債相場は上昇。信用市場の損失 拡大で最も安全な資産の需要が強まるとの観測ならびに、今週発表され る統計で景気減速が示されるとの見方が広がったことから買いが優勢と なった。欧州債相場は4営業日ぶりに上げた。

2年債利回りは今月7日以来の高水準から低下。イスラエル中央銀 行のフィッシャー総裁は23日、金融当局高官らは信用危機がまだ終了し ていないと判断していると述べた。先物トレーダーは欧州中央銀行(E CB)が利上げを実施するとの見方を弱めている。ドイツのIfo経済 研究所が26日発表する8月の企業景況感指数は低下が予想されている。

INGグループの債券ストラテジスト、ウィルソン・チン氏(アム ステルダム在勤)は「質への逃避の動きが続いている」と述べた。その 上で、「ECBがこれ以上の利上げに動かないことは確かだ」と語った。

ロンドン時間午後4時時点で2年債利回りは4.01%。一時は前週末 比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)低下(今月7日以 来最大の低下)し、4%を付けた。同国債(表面利率4.75%)価格は前 週末比0.20ポイント上昇し101.24。10年債利回りは前週末比10bp低 下し4.11%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE