エコノミストの75%が住宅公社の破たん回避を予想-NABE調査

全米企業エコノミスト協会(NABE)の エコノミスト調査で、米政府は米住宅金融投資会社ファニーメイ(連邦住宅抵 当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の破たんを回避すること になろうとの見解が示された。

NABEによると、同協会の半期調査で「75%のメンバーが住宅公社2社 は『重要過ぎてつぶせない』との見解で一致した」。また、ファニーメイやフ レディマックへの公的支援が「必然的に国有化につながる」との考えを示した のは回答者278人のうち20%にとどまった。

NABEによると、ファニーメイのチーフエコノミストのダグラス・ダン カン氏は同調査結果をまとめた4人のエコノミストの1人。