グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以 下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反発。指標のハンセン指数は1年ぶりの安値から持ち直し た。原油相場の大幅安や中国建設銀行の増益を 好感した。

香港の航空大手キャセイ航空(293 HK)は5.2%高。22日の原油相場は1 バレル=6ドルを超える下落だった。中国の銀行2位、中国建設銀行(939 HK) は3.7%高。同行は22日、1-6月(上期)は前年同期比71%増益となったと 発表した。

SGアセット・マネジメント香港のファンドマネジャー、ウィンソン・フ ォン氏は、中国の銀行を有望視しているとして、「銀行は中国経済成長の原動力 だ。ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)を見る限り、中国の銀行に大 きな懸念材料はない」と話した。

ハンセン指数は前営業日比712.73ポイント(3.5%)高の21104.79と、3 月25日以来で最大の上昇。8月21日は昨年8月17日以来の安値で終了してい た。22日は暴風雨の影響で休場。ハンセン中国企業株(H株)指数は3.7%高 の11324.25と、今月12日以来の高値で引けた。

キャセイは14.88香港ドル。建設銀は6.19香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場で、CSI300指数は3営業日続落。石炭株や金属株が安い。 ニューヨーク原油相場が22日に2004年12月以 来で最大の下げとなったほか、 他の商品価格も下落したことが嫌気された。

中国4位の石炭会社の上場部門、エン州煤炭(600188 CH)は1.9%安。国 内産金最大手の紫金礦業(601899 CH)は2.7%安。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は、前週末比4.38ポイント(0.2%)安の2400.55で終了。一時は

1.5%高を付ける場面もあった。

HSBC晋信基金管理の投資マネジャー、閻冀氏(上海在勤)は「センチ メントは依然弱く、短期的には相場の大きな動きは見られそうもない」との見 方を示した。

エン州煤炭は0.28元安の14.15元。紫金礦業は0.14元安の5元。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。銀行株が高い。原油相場下落で、燃料高がインフ レをあおり消費の重しとなるとの懸念が後退した。

資産規模でインド2位の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は2%高。 同最大手のインドステイト銀行(SBIN IN)は1%上昇した。いずれも2週間で 最大の上げ。インドの住宅金融最大手、ハウジング・デベロップメント・ファ イナンス(HDFC、HDFC IN)は3.7%高と5日以来で最大の上昇となった。

一方、インド最大の製薬会社、ランバクシー・ラボラトリーズ(RBXY IN)は2.1%安と7月29日以来の大幅な下げ。第一三共による経営権取得計画 をインド政府が見直すとの報道が悪材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前週末比48.86ポイント (0.3%)高の14450.35。

ICICI銀は657.15ルピー。インドステイト銀は1357.15ルピー。HD FCは2364.75ルピー。ランバクシーは511.55ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比83.5ポイント(1.7%)高の5014.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比5.20ポイント(0.4%)高の1502.11。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比119.08ポイント(1.7%)高の7030.72。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比10.15ポイント(0.4%)高の2733.45。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前週末比6.87ポイント(0.6%)安の1078.73。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比3.73ポイント(0.6%)安の678.20。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比6.73ポイント(0.3%)高の2127.22。

【フィリピン株式市況】

フィリピン株式市場は祝日のため休場。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE