公取委:全日空に排除命令-「プレミアムクラス」座席広告で誤認と(2)

公正取引委員会は25日、売上高で国内業 界2位の航空会社全日本空輸が新聞に掲載した公告で「プレミアムクラス」と いう座席の表記に顧客を誤認させる恐れがあったとして、こうした表示を止め るように排除命令を下した。

公取委がサイトに開示した25日付資料によると、4月1日から「プレミア ムクラス」を提供するに際して全日空は、頭部両側に仕切りを設けた新型座席 も利用できるかのような広告をした。実際は4、5月にこうした新型座席を設 置していた便はなく、景品表示法(優良誤認)に違反する表示だった。

排除命令について全日空は「旧スーパーシートプレミアムからより高級な ブランドが誕生したことを周知するイメージ広告だったが、座席について結果 として補足説明が足りずに誤解を招く内容になったことは反省している」(広 報室の敦澤芳晴氏)とコメント、再発防止に努めるとも発表した。

全日空株の終値は、前週末比5円(1.3%)高の395円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE