7月の米中古住宅販売は491万戸に増加か、価格下落が支えに-BN調

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関 69社を対象に実施した調査によれば、全米不動産業者協会(NAR)が25日発 表する7月の米中古住宅販売件数は、前月比1%増の年率491万戸(予想中央 値)と見込まれている。

6月は10年ぶり低水準に落ち込んだが、7月は価格下落で需要が安定した ようだ。差し押さえ件数が過去最大規模になり、不動産価格が一段と押し下げら れるなか、割安感から購入する買い手が出てきた。ただ融資基準の厳格化や失業 増加、過剰な数の売れ残り物件からみて、住宅用不動産の展望は依然として厳し そうだ。

クリアビュー・エコノミクスのケン・メイランド社長は「住宅市場は底を探 っているが、まだ到達していない可能性が高い」と指摘。「価格下落を受けて、 買い手はやや購入意欲を示している」と述べた。

中古住宅販売件数は午前10時(ワシントン時間)に発表される。ブルーム バーグ調査での予想レンジは469万-500万戸。6月は486万戸で、1998年以降 で最低だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE