キルギス発イラン行き旅客機が墜落、70人死亡-インタファクス通信

ロシアのインタファクス通信が24日伝 えたところによると、キルギスの首都ビシケクからイランに向かっていたボーイ ング737型機(乗員乗客90人)が離陸直後に墜落、70人が死亡した。キルギ スのチュジノフ首相の話を基に報じた。

インタファクスがキルギスのタシエフ非常事態相からの情報として伝えた ところでは、旅客機はビシケクのマナス国際空港から5キロの地点で墜落。チュ ジノフ首相は事故現場で記者団に対し、航空機内の気圧の低下が事故の原因であ る可能性が高いとの見解を示したという。

乗員7人は全員無事で、キルギス人に加え、イラン、トルコ、カナダ、中 国人が乗っていたと同通信社は伝えた。

非常事態省の関係者はブルームバーグ・ニュースの電話取材に対し、墜落 したのは同国のアイテック航空の旅客機でテヘランに向かっていたと説明した。