ドイツ銀のマイヤー氏:米経済は欧州より迅速に回復も-WSJ紙

ドイツ銀行の世界経済共同責任者、トーマ ス・マイヤー氏は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)への寄稿で、 米経済は欧州経済よりも景気への衝撃から迅速に回復する可能性があるとの見 方を示した。欧州の金融当局がインフレ抑制を重視するのに対し、米当局はリ セッション(景気後退)回避に向けて素早く行動していると指摘した。

マイヤー氏は、米連邦公開市場委員会(FOMC)はインフレ加速のリス クを受容し急激な利下げを実施したと指摘。これによって米経済は、長期的な 痛みはあるもののリセッションを回避した可能性があるとの見方を示した。

これに対し、利上げを実施した欧州中央銀行(ECB)は世界経済の減速 を過小評価している恐れがあると指摘。欧州のリセッションは深刻にはならな いものの長期にわたり、回復は緩やかだろうとの見方を示した。インフレ問題 は大きな懸念とはならないだろうと付け加えた。