米テンプルトン:ベトナム事務所開設へ-市場の可能性は非常に大きい

資産運用会社テンプルトン・アセット・ マネジメントが、ベトナムのホーチミン(旧サイゴン)市に事務所を開設する。 ベトナムの成長に対する同社の楽観的な見通しを裏付ける形だ。

テンプルトンの電子メールを通じた発表資料によると、同事務所は新興 市場向け投資調査と、ベトナムの株式市場と証券業界の育成・発展を目指した 金融サービスプロジェクトの促進に注力する。

エグゼクティブチェアマンのマーク・モビアス氏は「ベトナムは若い市 場だが、可能性は非常に大きい」とした上で、「ベトナムはアジアでも最も重 要な市場の1つに成長するとみており、当社としては顧客投資家にその成長か ら恩恵を得る機会を提供したいと考える」と指摘した。

ベトナムの指標となる株価指数、VN指数は今年これまでに45%下げ、 ブルームバーグがまとめる主要株価指数の中で下から4番目の騰落率となって いるが、テンプルトンはベトナムに関し強気の見通しをとっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE