米ギャップ5-7月:51%増益、値引き販売縮小が奏功-株価上昇

米衣料品小売り最大手ギャップが21日発表 した2008年5-7月(第2四半期)決算は、前年同期比51%の増益となった。 ジーンズやTシャツの値引き販売を減らしたことが奏功した。決算発表を受け、 時間外取引で株価は上昇している。

ギャップの発表資料によれば、純利益は2億2900万ドル(1株当たり32セ ント)と、前年同期の1億5200万ドル(同19セント)から増加。売上高は前年 同期比5%減の35億ドルとなった。

開店1年以上の既存店売上高は10%減となった。「オールドネイビー」ブラ ンドショップの売り上げが最も落ち込んだ。グレン・マーフィー最高経営責任者 (CEO)は1年余り前に就任して以来、在庫圧縮や値引き販売の縮小を通じて 利幅を拡大させるとともに、約3年ぶりの増収への転換を目指した。

同社は09年1月期の1株利益見通しを1.30-1.35ドルに据え置いた。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均は1.34ドル。

決算は通常取引終了後に発表された。ギャップの株価は時間外取引のニュー ヨーク時間午後4時44分(日本時間22日午前5時44分)現在、29セント (1.5%)高の19.30ドルとなった。通常取引終値は前日比1セント安の19.01 ドル。年初来では11%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE