NY金:大幅反発、インフレヘッジの買い-オンス当たり839ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。エネルギ ー価格の上昇とドル安を背景にインフレヘッジの買いが入り、ほぼ2カ月ぶり の大幅上昇となった。

今週に入り、外国為替市場ではドルが対ユーロで1.2%下落。原油先物相 場は同6.3%値上がりしている。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘッドデ ィーラー、フランク・マギー氏は「原油高とドル安をきっかけに、新たに金の ロング(買い持ち)ポジションを積む動きがみられる」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は 前日比22.70ドル(2.8%)高の1オンス=839ドルちょうど。中心限月の値上 がり率としては6月26日以来で最大だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE