中国株(終了):下落、景気対策観測の後退で-平安保険や交通銀安い

中国株式相場は下落。銀行株や不動産株が安 い。政府が景気刺激策を実施するとの観測が後退した。

交通銀行(601328 CH)は4.8%安。中国2位の保険会社、中国平安保険 (集団、601318 CH)は4.1%下げた。米銀JPモルガン・チェースが19日付の 調査リポートで、中国政府は最大4000億元(約6兆3600億円)規模の景気刺激 策を実施する可能性があるとの見方を示したことを受け、CSI300指数は20 日、前日比7.9%高と、4月24日以降で最大の上げとなっていた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比88.96ポイント(3.5%)安の2443.98で終了。

国泰基金管理で70億ドル相当の資産運用に携わる范迪釗氏(上海在勤)は、 「投資家は、期待が一部実現していないことからやや失望し、売りに動いてい る」と指摘した。

中信証券(Citic証券、600030 CH)など証券会社は上昇。政府が非流 通株から転換した株式の引き受けを認めるとの観測が背景。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE