香港のチョンコン:1-6月期は35%減益-ハチソンの特別利益減で

香港の資産家、李嘉誠氏が経営する不動産会 社、チョンコン・ホールディングス(長江実業集団)が21日発表した2008年1 -6月(上期)決算は、前年同期比35%減益となった。子会社ハチソン・ワン ポアの特別利益が減少したことが響いた。

同社が香港証券取引所に提出した資料によれば、純利益は120億2000万香 港ドル(1株当たり5.19香港ドル)と、前年同期の185億4000万香港ドル(同 8香港ドル)から減少。ブルームバーグ・ニュースが実施したアナリスト4人の 調査の平均値では、60億香港ドルと見込まれていた。

売上高は103億香港ドルと、前年同期の35億1000万香港ドルから増加した。