NY銅先物:下落-需要懸念が再び強まる、欧州経済減速の兆候受け

20日のニューヨーク銅先物相場は下落した。 欧州経済見通しの悪化を受け、世界的な景気減速に伴い銅需要が縮小するとの懸 念が強まった。

この日発表された6月のユーロ圏建設支出は前月比減少となり、景気減速に 伴う税収鈍化で7月の英財政黒字は縮小した。需要が減少するとの観測から銅価 格は今月7.3%下落している。

商品調査会社ロジック・アドバイザーズ(ニュージャージー州)のパートナ ー、ウィリアム・オニール氏は「欧州では景気に関して悪材料しか見当たらな い」と指摘。「需給動向は、需要に関する限り依然として悪い」と説明した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場12 月限終値は前日比3.15セント(0.9%)安の1ポンド当たり3.3955ドル。中国 の需要が拡大する可能性があるとの観測から一時1.6%高を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE