NY金:反落、ドル高で代替投資需要に陰り-1オンス=816.30ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。外国為替 市場のドルが対ユーロで上昇し、代替投資の需要が縮小したことから金には売 りが出た。

前日までの2日間で対ユーロで続落していたドルはこの日、一時0.7%高 まで買い進まれた。金はドルの代替投資先として、ユーロと値動きを共にする ことが多い。先週の市場では金は25年ぶりの大幅安となり、昨年12月からの 上げを帳消しにした。ドルが6カ月ぶりの高値に上昇したことが背景にあった。

アルタビスタ・ワールドワイド・トレーディング(カリフォルニア州ミッ ションビエホ)の商品アナリスト、トム・ハートマン氏は、「通貨の値動きを 考慮すると、金にはまだ下げ余地があるようだ」と語る。「金の上値ではすぐ に売りが出る。ドル上昇局面で金は買いにくい」と付け加えた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限は 前日比50セント(0.1%)安の1オンス=816.30ドル。前日までの5営業日で は1.8%下げていた。その間ドルは対ユーロで1.3%値上がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE