香港株(終了):上昇、中国の景気刺激策観測で-平安保険など高い

香港株式相場は上昇。指標のハンセン指数は 1年ぶり安値から反発した。中国が景気刺激策を実施し、中国本土企業の業績が 押し上げられるとの観測が広がった。

中国2位の保険会社、中国平安保険(集団、2318 HK)は前日比8%高。中国 最大の海洋石油会社、中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は、原油相場の上 昇を受けて同5.4%高となった。

東泰証券のディレクター、鄧声興(ケニー・タン)氏は「中国政府が2000 億-4000億元(約3兆2000億-6兆4000億円)の資金を北京五輪後に投入す るとの観測から、投資家の間で楽観的な見方が広がった」と指摘。「香港市場で 中国企業が占める割合を考えると、本土企業の業績向上が香港に恩恵をもたらす のは確実だ」と述べた。

ハンセン指数は前日比446.89ポイント(2.2%)高の20931.26で終了。日中は

0.5%安まで下げる場面もあった。ハンセン中国企業株(H株)指数は4.3%高の

11179.16で、上昇率は7月9日以来最大。

平安保険は52.70香港ドル。Cnoocは10.64香港ドル。