DIAMの山崎氏:5年債入札に注目、投資家需要測るリトマス試験紙

DIAMアセットマネジメントのエグゼク ティブファンドマネジャー、山崎信人氏は20日、ブルームバーグ テレビジョ ンとのインタビューで、この日の5年債入札や債券相場の見通しなどについて、 以下のようにコメントした。

5年債入札ときょうの予想レンジについて:

「今週にも政府が取りまとめるといわれている緊急経済対策以外にあまり 材料がない。2年債利回りの動きなどから見て、やや利下げを織り込んだ高値 圏での入札になるので、朝方はヘッジ売りなどで少し金利が上がると思うが、 その後、投資家がどの程度押し目買いを入れるかが最大のポイント。まさにニ ーズを測るリトマス試験紙という感じだ」

「きょうは5年債入札が最大の材料で、新発10年物利回りは1.41%から

1.47%程度、先物は137円55銭から138円15銭程度とみている」

当面の債券相場の見通しについて:

「3カ月ぐらいを考えた中長期的な方向感はあまり変えていない。先進国 の景況感は悪化しているが、金融政策で利下げを織り込むのはまだ無理。しば らくは据え置きの中で、正しい居所を探る展開。大幅に上昇することは見込み にくく、低金利水準でのもみ合いと思っている。例えば、10年債利回りで1.3% まで低下するにはもう一段の材料が必要だ」

前日の日銀金融政策決定会合について:

「景況感を下方修正した。深刻化はしないが、下振れリスクがあると言っ ている。一方、物価にも上振れリスクがあるとしている。政策金利については、 市場では利下げに対する思惑が少し出ているが、うまくバランスを取った」

--共同取材:吉田尚史 Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE