ファニーメイとフレディマックは民営化を-リッチモンド連銀総裁

米リッチモンド連銀のラッカー総裁は19 日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ファニーメイ(連邦住 宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)について、「明確に」 民営化するべきだとの考えを明らかにした。両住宅公社を政府支援機関(GS E)にとどめておこうとするブッシュ政権に対し、米金融当局者として初めて 公に反対を表明したことになる。

ラッカー総裁はまた、ファニーとフレディの両社について、グリーンスパ ン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長と同様に、一時国有化した後、分割、 売却すべきだとの考えを示した。両住宅公社株は下落し続け、資金調達コスト も上昇していることから、市場では米財務省が何らかの形で介入するとの観測 が出ている。

ラッカー総裁はかねて、FRBが公定歩合による窓口貸し出し対象をプラ イマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)にまで拡大するなど、信用 市場の回復に向けた資金供給プログラムを打ち出していることについても、投 資家のリスクテイクが過大になりかねないと批判的な発言をしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE