NY原油時間外:上昇、インフレヘッジの買い入る-ドル安で

ニューヨーク原油先物相場は、20日の時間 外取引で上昇。ドル安でインフレヘッジの買いが入った。

ドルが対ユーロで下落したことから原油や金が反発した。米エネルギー省 が発表する石油在庫リポートで、ガソリン在庫が4週間連続で減少しそうだと の見方が広がり、原油相場を押し上げた。

マッコーリー・フューチャーUSAの世界エネルギー先物担当シニア・バ イスプレジデント、ノーマン・バラカット氏(ニューヨーク在勤)は「現段階 では、ドルの乱高下が原油相場を動かしている第一の要因だ。焦点はドルの対 ユーロ相場だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は一時、前日比 67セント(0.6%)上げ1バレル=115.20ドルを付けた。シドニー時間午前8 時16分(日本時間午前7時16分)現在、115ドルで推移している。原油先物は 15日、15週間ぶりの安値である111.34ドルを付けた。