債券相場は軟調スタート、5年債入札に向けた売りが優勢―137円後半

債券相場は軟調(利回りは上昇)。東京先物 市場の中心限月9月物は、前日比10銭安い137円86銭で取引を開始した。直 後に21銭安い137円75銭まで下げた。先物市場では、この日実施の5年利付 国債入札に向けたヘッジ売りなどが優勢となっており、相場の押し下げ要因と なっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE