米ユナイテッド航空:一部国際線でエコノミークラスの食事を有料化へ

米航空2位のユナイテッド航空は米航空会 社で初めて、一部の国際線でエコノミークラスでの食事の無料提供を廃止する。 同社は過去最高の燃料価格による損失抑制に苦慮している。

広報担当者のロビン・アーバンスキ氏が19日、インタビューで明らかにし たところでは、10月1日からワシントンのダレス国際空港から欧州行きの路線 で、食事は機内での購入が可能となる。

これにより、航空会社が過去1年に52%上昇した航空燃料価格に取り組む なかで、新たなサービスの有料化が増えることになった。ユナイテッド航空の 親会社UALは過去3四半期に約33億2000万ドルの赤字を計上し、営業コス ト削減のため、7000人の削減と航空機100機の運航停止を進めている。

ユナイテッド航空は提供可能な食事の種類や価格に関する情報は提供して いない。