米カーライル・グループのガースナー会長が退任へ-後任は未定

米投資会社カーライル・グループは19日、 ルイス・ガースナー会長(66)が退任すると発表した。同会長は5年の在任期間 中、カーライルの海外事業展開などに尽力した。

発表資料によると、ガースナー氏は会長を退任した後、同社の買収ファンド のシニアアドバイザーに就任する予定。後任はまだ指名されていない。

ガースナー氏はコンピューターサービス大手IBMの最高経営責任者(CE O)を務めた後、2003年にカーライルに入社。アジアや中南米への事業展開に 貢献した。