米アナログ・デバイセズ:5-7月期は15%増益-売上高は予想以下

米半導体メーカー、アナログ・デバイセズ が19日発表した2008年5-7月(第3四半期)決算は、前年同期比で15%増 益だった。通信機器や工業用製品向け半導体の売り上げ増加が寄与した。

発表文によると、純利益は1億3860万ドル(1株当たり47セント)と、 前年同期の1億2040万ドル(同37セント)から増加。売上高は同6.7%増の6 億5900万ドルと、ブルームバーグがアナリスト16人を対象にまとめた予想平 均(6億6040万ドル)を下回った。

同社の売上高の約4分の3は、工業・通信事業向け製品。ジェラルド・フ ィッシュマン最高経営責任者(CEO)は1月、より利益性の高い製品に経営 資源を集中するため、携帯電話用プロセッサーと電圧制御装置の事業を売却し た。

同社の19日株価終値は、前日比4セント安の32.14ドル。時間外取引では 一時31.10ドルと、終値に比べ3.2%下落した。年初からの騰落率はプラス1.4%。 主な顧客は米シスコシステムズ、任天堂、米フォード・モーターなど。

-- Editor: Lisa Wolfson, Nick Turner

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Whitney Kisling in Washington at +1-202-624-1907 or wkisling@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Cesca Antonelli at +1-202-654-4305 or fantonelli@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE