CDOデフォルト事由発生が8月に加速、新たな波到来-JPモルガン

米JPモルガン・チェースによると、債務 担保証券(CDO)のデフォルト(債務不履行)事由発生は8月初めに加速し た。商業用不動産ローンを裏付けとしたCDOがデフォルト事由発生の新たな 波をもたらしたもようだ。

JPモルガンの18日付のリポートによると、8月に入ってからこれまでに、 不動産関連のCDO7本でデフォルト事由が発生した。6・7月は14本だった。 月間のデフォルト事由発生件数は2月の47が最高だという。

裏付けとなっている資産をCDO会社が売却することなどへの懸念が、資 産価格を押し下げているとリポートは指摘。典型的な融資担保証券(CLO) の格付け「AAA」部分の利回りとロンドン銀行間取引金利(LIBOR)と の格差は過去最大の2.25ポイントと、年初来で1.30ポイント拡大していると いう。デフォルト事由は裏付けとなる資産の格下げによって発生し、CDOの 清算につながる場合がある。

クリス・フラナガン氏らJPモルガンのアナリストは「一段の格下げ見通 しから、デフォルト事由の新たな波を予想していた」と記している。

リポートによると、現在清算中の仕組み金融CDOは19本、187億ドル(約 2兆500億円)相当。48本508億ドル相当は清算済みだという。最上級の「ス ーパーシニア」格付け部分の回収率は、低格付け債を裏付けとしたもので8%、 当初は高格付けだった債務を裏付けとしたもので33%、CDOを担保としたも のは4%だとリポートは試算している。

-Editors: Romaine Bostick

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Jody Shenn in New York at +1-212-617-2380 or jshenn@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Emma Moody at +1-212-617-3504 or emoody@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE