7月の米生産者物価指数:前月比1.2%上昇、ガソリンは低下(3)

(第4段落にコメントを加えます)

【記者:Timothy R. Homan】

8月19日(ブル-ムバ-グ):米労働省が19日に発表した7月の 生産者物価指数(PPI)全完成品は前月比1.2%上昇と、ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値(0.6%上昇)を上回 った。6月は1.8%上昇だった。

一方、7月の食品とエネルギー価格を除いたコア指数は0.7%上昇 と、エコノミスト予想(0.2%上昇)を上回った。6月は0.2%上昇だっ た。

前年比では全完成品が9.8%上昇と、1981年6月以来で最も高い伸 びとなった。前月は9.2%上昇。コア指数は同3.5%上昇と、91年以来 で最大の上昇だった。前月は3%上昇。

PNCファイナンシャル・サービス・グループのチーフエコノミス ト、スチュワート・ホフマン氏は「良い数字ではない。この日発表され たPPIは7月にインフレがどれほど大きな問題だったかをやや乱暴に 思い起こさせるものかも知れない」と述べた。

ガソリン価格は前月比0.2%低下、ディーゼル油は2.6%上昇した。 天然ガスは7.8%の上昇だった。

7月の食品価格は前月比0.3%上昇(前月は1.5%上昇)。乗用車価 格は1.4%上昇。ライトトラックは0.8%上昇した。資本財は0.8%上昇 し、消費財価格は1.2%の伸びを示した。

中間財価格は前月比2.7%上昇(前月2.1%上昇)。前年同月比では

16.6%上昇した。食品とエネルギーを除く中間財価格は前月比2.0%の 上昇だった。

原材料価格は前月比4.2%上昇(前月は3.7%上昇)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE