債券は堅調、米信用不安で買いが先行-日銀決定会合や入札見極め(2)

債券相場は堅調(利回りは低下)。前日 の米国市場で、信用不安を背景に株安・債券高となった地合いを引き継ぎ、買 いが先行した。先物中心限月は一時、3営業日ぶりに138円台に乗せたほか、 新発5年債利回りは1%を割り込む場面があった。その後は、高値警戒感に加 えて、日銀金融政策決定会合の結果やあすの5年債入札を見極めようと、やや 伸び悩んだ。

T&Dアセットマネジメントのファンドマネジャー、竹田竜彦氏は、「5 年債利回りが一時、1%割れとなり、ここから買い進むには利下げが見えてこ ないと難しい」と語った。

東京先物市場の中心限月9月物は前日比18銭高の138円2銭と14日以来 の138円台を回復して寄り付き、直後に138円7銭まで上昇した。その後は水 準を切り下げ、午前9時53分ごろには1銭安い137円83銭まで下げた。結局 は15銭高の137円99銭で引けた。9月物の午前売買高は1兆1070億円。

モルガン・スタンレー証券債券ストラテジストの伊藤篤氏によると、「高 値警戒感があり、先物が138円を超えたところで買い進まれるためには、材料 が不足している」ようだ。

日経平均株価は3日ぶりに大幅反落。前日比349円2銭安の1万2816円 43銭で引けた。

新発10年債利回りは1.43%

現物債市場で新発10年物の295回債は、前日比1.5ベーシスポイント (bp)低い1.425%で寄り付いた後、徐々に下げ幅を縮小し、1.435%まで戻した。 結局は1bp低い1.43%で午前の取引を終えた。

中期債相場もしっかり。新発5年債利回りは0.985%と節目の1%を割り 込んで寄り付いた。その後は、若干水準を切り上げ、前日比変わらずの1.00% で引けた。

伊藤氏は、「日米ともに損益分岐インフレ率(BEI)がかなり低い水準 まで下がっている。原油価格下落の影響もあり、市場ではインフレで利上げと いう話は終わっている。もっとも、米住宅金融公社(GSE)大手への資金注 入の話の影響で日経平均株価が急落しているが、債券市場ではこの材料はある 程度織り込まれていた」と説明した。

日銀、景気判断を下方修正の見通し

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、有力日銀ウオッチャー17人全 員がこの日の日銀金融政策決定会合で、現状維持を予想している。また政府は すでに景気判断を下方修正しており、日銀も情勢判断を「さらに減速」から 「停滞」へ下方修正するとの見方が強まっている。

竹田氏は、「日銀決定会合では景気判断の下方修正が見込まれており、利 下げに1歩近づくことになる。もっともすぐに利下げとは考えにくい」と指摘。 「消費者物価指数(CPI)の上げ幅が拡大している局面で、政府も補正予算 編成の話をしている。景気判断が厳しく、刺激策が必要というのであれば、利 下げのタイミングは補正予算に合わせるはずだし、景気を下支えするだけなら、 補正予算の邪魔をしない程度の政策で、利下げはしないと思う」と語った。

あす5年債入札、クーポンは1.0%か

財務省は20日に5年債入札を実施する。表面利率(クーポン)は前回7 月8日入札の73回7月債より0.3ポイント低い1.0%が予想されている。発行 予定額は前回債と同じ1兆9000億円程度。

市場では、「利下げ観測が見えてくる中で、短中期債に買い安心感がある ので大丈夫だろう。都銀勢は3-7月に買い遅れており、過去3カ月は売り越 しだった。需給不安は小さい」(竹田氏)との声が聞かれた半面、「0.9%台 では投資家の需要もやや落ち、入札もぱっとしないものとなる」(野村証券チ ーフストラテジストの松沢中氏)との声もあった。

米国市場は信用不安が再燃し株安・債券高

18日の米国債相場は上昇。政府はファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフ レディマック(連邦住宅貸付抵当公社)への資金注入を余儀なくされるとの警 戒感が広がり、株価が下落、比較的安全な投資先としての国債需要が強まった。 10年債と30年債の利回りは1カ月ぶりの低水準を付けた。

一方、米株式相場は下落。銀行株や小売株が売られた。フレディとファニ ーは投資週刊紙バロンズの記事を嫌気し、いずれも22%を超える値下がりとな り、ほぼ20年ぶりの安値となった。「ここ1-2週間は、米政府系住宅金融 機関2社に対する支援策がどのようにまとまるかが焦点」(松沢氏)とみられ ている。

--共同取材:宋泰允  Editor:Hidenori Yamanaka,Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net