首相:経済対策、来週早々に最終調整-きょう臨時国会召集日表明(2)

福田康夫首相(自民党総裁)は19日午前、 同党本部での役員会と役員連絡会で、政府、与党が今月中にまとめる経済対策 をめぐり、来週早々に政府、与党で最終調整を行うよう指示した。その上で、 19日昼に首相官邸で開く政府、与党連絡会議で、臨時国会の召集時期について 方針を表明する意向を示した。同党の麻生太郎幹事長が役員連絡会後の記者会 見で明らかにした。

麻生氏は会見で、臨時国会の召集時期に関して、「経済対策などを踏まえ て首相が判断する」と語り、臨時国会で2008年度補正予算案を処理すること になるとの認識を示した。

ただ麻生氏は、新たに赤字国債や建設国債を発行しないで補正を組むこと は可能なのか、との質問に、「最初に額が決まっているわけではない。何が必 要かを積み上げていった結果、いくらになるのか逆算しなければならない」と 言及。その上で「今、赤字国債を発行するなどを言う段階ではない」と述べる にとどめた。

麻生氏によると、福田首相は党役員会で、臨時国会の主要テーマについて ①景気対策を含む「安心実現のための総合対策」②09年1月に期限が切れるイ ンド洋での海上自衛隊の給油活動の継続処理③消費者庁設置法案を含む消費者 行政-などを挙げ、これら踏まえて臨時国会の会期を考えたいと述べた。首相 はその上で、経済対策に関して、政府は今週中に各省庁の考えを集約し、来週 早々に党と話を詰めたいので協力をお願いしたいと指示した。

麻生氏は会見で、投資減税などを含めた経済対策に関して、「個人の投資 意欲がよくなるようなものにしなければならない」と言及。「税制は間違いな く、今回の景気対策で中長期的に考えるべき政策だ。出せれば出す」と述べ、 経済対策に税制の見直しも盛り込みたい考えを示した。

自民党の古賀誠選挙対策委員長は17日、テレビ朝日の番組で、政府、与 党が月内にまとめる経済対策をめぐり、08年度補正予算案に関して、「赤字国 債をいかに発行せずに財源を生み出すかだ。財務省に徹底的に議論させていけ ば、5兆、6兆という金額になるかどうか分からないが、2-3兆円の金額だ ったら知恵を出せると思う」と述べた。

麻生氏は13日、福田首相と首相公邸で会談後、記者団に、この経済対策 に関して、「最初から補正ありきという数字になるのかもしれない」と述べ、 補正予算案を臨時国会に提出する可能性があるとの見通しを示した。

4-6月期の実質GDP速報値は、前期比で年率2.4%減と4四半期ぶり にマイナス成長となり、景気後退入りの見方を裏付けた。NHKの報道による と、これを受けて自民、公明両党は幹事長らが会談し、臨時国会で補正予算の 速やかな成立を図るべきだとの認識で一致、1兆円規模にすべきだといった意 見が出たという。麻生氏は記者団に、規模について「われわれは公明党から額 を聞いたことはない」と述べた。

政府、与党は11日、「安心実現のための総合対策」に関する会議を開催。 物価高や景気減速に対応するため、8月末までに経済対策策定する方針を決め た。

--共同取材:広川高史 Editor: Hitoshi Sugimoto、Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山村敬一 Keiichi Yamamura +81-3-3201-8656 kyamamura@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net