ドル相場には引き続き危険が待ち受けている-BOAのシンチェ氏

米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の グローバル為替戦略担当責任者ロバート・シンチェ氏は18日、ブルームバーグ ラジオとのインタビューで、ドルの対ユーロ相場の最近の上昇や欧州の景気の 弱さについて次のようにコメントした。

◎ドルの見通しについて:

「あまりにも早くあまりにも楽観的になってしまいがちだ」

「米経済は今年下期にある程度の逆風に直面する。信用市場は特にそうな るだろう。米国以外の世界経済も若干鈍化しており、これまでけん引役を務め てきた輸出の伸びは鈍化する可能性がある」

◎ユーロ相場の下落について:

グルジアの軍事紛争は「短期的にユーロの新たなマイナス材料」だった。 状況が若干収まれば、ユーロ相場は再び小幅に上昇する可能性があると思う。

「1ユーロ=1.60ドル付近の水準を正当化する要因は明らかになくなった。 欧州中央銀行(ECB)の利上げ見通しも消えた。現行のユーロは、かなり過 大評価された状態にある。1.60ドルから1.50ドルへの動きは容易に予想できる。

1.50ドルからの動きは、やや行き過ぎかつ速過ぎだったのかもしれない」

◎英経済について:

「現在の金融セクターの鈍化が英経済に与える影響は恐らく、他国の経済 への影響より大きくなるだろう」

ポンドとユーロは、ドルに対して「間違いなく」下落する。「両通貨のドル に対する上昇トレンドが明らかに壊れ、下落トレンドが構築されたことを示す 証拠が増えつつある」

-- Editor: Dennis Fitzgerald

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Cordell Eddings in New York at +1-212-617-7344 or ceddings@bloomberg.net; Charles Stein in Boston at +1-617-210-4615 or cstein4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE