米クエスト:労組との交渉期限を延長-社員半数以上によるスト回避へ

米地域通信3位のクエスト・コミュニケー ションズ・インターナショナルは、2つの労働組合との間で、労使協約交渉の 午前零時の期限を延長した。社員の半数以上によるストライキの回避を目指す。

クエストの発表資料によれば、交渉は継続するという。ただ、新たな交渉 期限は明らかにしていない。全米通信労組(CWA)と国際電気労働者友愛組 合(IBEW)の2労組は賃上げと医療費、今後の組員の雇用などについて交 渉を進めている。

同社は発表資料で、「誠実な態度で交渉を継続し、可能な限り早期の合意到 達に向け引き続き取り組む」姿勢を示した。

両労組は合わせてクエスト社員の57%に当たる約2万人を代表している。 組合員らは1週間前、両陣営が現時時間午前零時までに合意に達しなかった場 合、スト入りを容認していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE