ロシア、弾道ミサイル発射装置を南オセチア自治州に移動-NYT

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は 17日、ロシア軍が短距離弾道ミサイルの発射装置をグルジア・南オセチア自治 州に移動したと報じた。複数の米当局者の話を基に伝えた。

機密情報に詳しい複数の当局者が明らかにしたところによると、ロシア軍 は15日、同自治州にSS-21ミサイル発射装置を複数配備し、車両を供給。発 射装置が南オセチア州都ツヒンバリの北方に配備されたことで、州都トビリシ を含むグルジアの大半が射程範囲内になったという。

ロシア軍はまた、ツヒンバリにある軍司令部付近に地対空ミサイルを配備 した。複数の当局者が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE