東京外為:ドルが売り買い交錯、急ピッチのドル高警戒も調整は原油次第

午前の東京外国為替市場では、ドル・円相 場が約7カ月半ぶりのドル高値圏で売り買い交錯の展開。お盆休み明けで国内 実需筋の動向が注目されるなか、急速に進んだドル高への警戒感からドル売り が先行する場面が見られるものの、世界的な景気減速や商品相場の下落を背景 に、欧州通貨や資源国通貨に対してドルが買われやすい地合いが続いており、 対円でもドルは底堅さを維持している。

1ドル=110円台半ばで週明け早朝の取引を開始したドル・円は一時、1ド ル=110円ちょうどを割り込み、109円97銭までドル売りが進行。ただ、ドル の下値は堅く、その後は110円台前半へドルが下げ渋る展開となっている。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部長の湯本健一氏は、先週、先々 週からのドルの強い流れはなかなか変わらず、連日ドルが上昇しているが、ド ルの上昇ペースがあまりにも速すぎるため、「そろそろ戻らないと健全なマー ケットとは言えない」と指摘する。その上で、「今週は細かい経済指標もそれ なりに出てくるので、それによっておのおのの通貨が反応すると思うが、今一 番為替相場に反応をもたらしているのは原油価格なので、原油がまだまだ下が るのかどうかということが焦点になる」とみている。

商品相場の下落を背景に前週末の外国為替市場ではドル高が一段と進み、 対円では一時、1ドル=110円66銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ) と1月2日以来の水準までドルが上昇。8月のニューヨーク連銀製造業景況指 数など一部米経済指標が予想を上回ったこともドルに追い風となり、対ユーロ では1ユーロ=1.4659ドルと2月20日以来の水準までドル高が進んだ。

しかし、急速なドル高に対する警戒感もあり、週明けの取引ではドル売り が先行。ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.46ドル後半から1.47ドル台前半まで ドルが水準を切り下げる格好となっている。

商品相場・各国景気動向を注視

15日のニューヨーク原油先物相場は続落。一時はバレル当たり111.34ドル と5月1日以来の安値を付け、7月11日に付けた最高値147.27ドルからは20% 以上下落している。また、ニューヨーク金先物相場は1オンス当たり800ドル を割り込み、週間では8.4%安と過去25年以上で最大の値下がり率を記録した。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのヘッド・オブFXストラテジ ー・ジャパンの山本雅文氏は、今週のドル相場について、商品市況の動向次第 の展開になると予想。「商品市況の調整が継続すると、ドルの買い戻しにつな がり、ドル・円は111円台もあり得ない話ではない」とする一方、「商品市況 が戻す局面では、ドルが全般的に売られやすくなる可能性があり、110円台の半 ばは上値の重い感じも残る」と指摘している。

また、世界的に景気減速感が強まるなか、米国では今週、この日発表され る8月の全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数をはじめ、7月の 生産者物価指数(PPI)や住宅着工件数、景気先行指数、8月のフィラデル フィア連銀の製造業景況指数などが発表される。22日には米連邦準備制度理事 会(FRB)のバーナンキ議長の講演が予定されており、金融市場や景気の見 通しについてどのような見解を示すかが注目される。

一方、ユーロ圏では19日にドイツの欧州経済研究センター(ZEW)が8 月の景況感指数を発表する予定で、事前予想では過去最低を更新する見通しと なっている。

そのほか、国内できょうから2日間の日程で、日本銀行の金融政策決定会 合が行われる。金融政策については据え置きが見込まれているが、4-6月の 実質GDP(国内総生産)が4四半期ぶりのマイナス成長となったことで、あ すの白川方明総裁の会見と合わせて日銀がどのような景気判断を示すかが注目 される。

--共同取材:吉川淳子 Editor: Tetsuzo Ushiroyama, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE