ベストB株が買い気配、婚礼単価上昇と好稼働率で利益上振れ-増配も

挙式・披露宴の企画や運営サービスを手掛 けるベストブライダルの株価が買い気配となっており、午前9時50分時点の気 配値は前週末比3万円(17%)高の20万9800円。国内で平均婚礼単価が上昇し たほか、婚礼場の稼働率も堅調で、2008年6月中間期の連結決算は利益水準が 期初計画を大幅に上回った。また、好決算を背景に中間配当金を期初予想から倍 増しており、良好な収益環境を評価した買いが先行している。

8日の上方修正値も上回る、海外はバリ人気

ベストBが15日に発表した6月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比 17%増の143億円、営業利益が同74%増の24億円、純利益は同64%増の10億 4700万円だった。同社は8日に、期初の業績計画を上方修正しているが、利益 額を中心にさらに上振れする形となり、純利益は期初計画を42%上回った。同 社管理部の丸山慶訓氏によると、「主力の国内婚礼事業で平均婚礼単価の引き上 げに成功したほか、婚礼場の稼働率も65%程度と比較的良かったことが大きく 貢献した」という。

売上高構成比で約10%の海外事業では、ハワイに次ぐ拠点であるバリでの 挙式が好調で、「直行便減少の影響もあり、弱含みを余儀なくされているハワイ を補っている格好」(同氏)だ。

利益額が期初予想を大幅に上回ったことを受け、株主への利益還元を目的に、 中間配当を従来予想から1000円増やし2000円とし、年間配当は4000円(前期 は3000円)となった。前週末終値(17万9800円)で算出した配当利回りは

2.2%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE