米バンガードやフィデリティ:日本、インド、台湾株を買い増しへ

米大手投資信託会社、バンガード・グループ とフィデリティ・インベストメンツ、キャピタル・グループは、日本と台湾、イ ンド株が割安になったとみて買い増す計画だ。

アジア株の弱気相場入りに伴い、時価総額は年初来で2兆3000億ドル(約 254兆円)減少。インドステイト銀行と台湾の電子機器受託生産大手の鴻海精密、 トヨタ自動車の株価は25%余り下落した。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たデータによれば、約10年ぶりの高水準となったインフレ率や借り入れコスト の上昇がもたらしたこの株安によって、MSCIアジア太平洋指数の株価収益率 (PER)は13.9倍と、少なくとも13年ぶりの低水準となった。

住宅不況に伴い米国企業の収益が落ち込むなか、アジア企業の収益伸び率は 平均5%となっている。収益伸び率は、バリュー投資の父とも称されるベンジャ ミン・グレアム氏が株価収益率とともに重視した指標だ。

バンガード・インターナショナル・グロース・ファンドの共同運用担当者で、 英シュローダーズの世界株責任者でもあるビルジニー・メゾヌーブ氏は、「われ われは買い増しを検討しており、これにはアジア市場の大多数が含まれる」と述 べた上で、「投資家らは『ちょっと待てよ。成長している企業をまだ見つけるこ とができる』と言って戻り始めている。非常に魅力的な価格の企業が一部に出始 めた」と説明した。

バンガード・インターナショナル・グロース・ファンドのウェブサイトおよ びブルームバーグ・ニュースがまとめたデータによると、同ファンドはインドス テイト銀行株を2月から買い増しており、4-6月(第2四半期)にはトヨタと ホンダ株も買った。メゾヌーブ氏は同ファンドの保有株に関するコメントは控え た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE