UBS会長:今後の評価損、これまでを大幅に下回る規模に-スイス紙

スイスの銀行大手UBSのピーター・クラ ー会長は、同行のリスクポジションが縮小し、今後の評価損の規模がこれまで を大幅に下回るとの見通しを示した。スイス紙NZZアム・ゾンターク(オン ライン版)が17日報じた。

クラー会長は同紙とのインタビューで、追加評価損が生じるか否かは金融 市場にかかっているとしながらも、UBSがポジションを保有している多くの セクターでは回復の兆しが出ていると述べた。会長の発言内容は、広報担当者 タチアナ・トーニ氏が確認した。

同紙によれば、クラー会長は、UBSがリスクポジションの調整を終える までには2-3年はかかる公算が大きいと指摘。その上で、UBSが来年には 黒字回復を目指していると語った。