米リーマン株への信頼回復か-ソロス氏ら、4-6月期に持ち分増やす

米証券大手リーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングスの株価は年初来74%下落したが、今年4-6月期に著名投資家ジョー ジ・ソロス氏やT・ロウ・プライス・グループ、ウェリントン・マネジメントが持ち 分を増やし、こうした機関投資家から信任を得た格好だ。

ソロス・ファンド・マネジメントが保有するリーマン株は6月末現在で947 万株となり、3カ月前の約1万株から増加。T・ロウ・プライスの持ち分は約6倍、 ウェリントンは4倍にそれぞれ拡大した。

リーマン株は今年これまでの騰落率が11銘柄で構成するAMEX証券会社 株指数で最悪。市場では一時、同社が破たんするとの観測が広がったが、株主で ある資産運用会社ブラックロックやパトナム・インベストメントなどは6月に、 リーマンのリチャール・ファルド最高経営責任者(CEO)を支えた。同社幹部 は大株主の多くが6月9日の増資を引き受けたと話していた。リーマンが同日発 表した2008年3-5月(第2四半期)決算は1994年以来、初の赤字だった。

米証券取引委員会(SEC)に今週提出された届け出によれば、上位30位 までのリーマンの株主中、24社が4-6月期に持ち分を増やした。1社はまだ 届け出を提出しておらず、残りは減らした。欧州2位の保険会社、仏アクサは保 有株を75%増やしてリーマンの筆頭株主となり、17%減らしたフィデリティ・イ ンベストメンツは2位に後退した。

以下は上位10位までのリーマンの株主。4-6月期の持ち分変化を示した。

株主                    持ち分(%)           拡大・縮小(%)

Axa                      9.5                       75

Fidelity                 6.3                      -17

Clearbridge Advisors     5.6                       -2

Barclays                 3.9                       15

Wellington               3.7                      302

State Street             3.4                       17

Janus Capital            3.2                      206

Vanguard Group           2.9                       32

Norges Bank              2.5                      929

Pzena Investment         1.7                       55
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE