アデランス:09年2月期利益予想を大幅下方修正-経営体制混乱も一因

かつらなどの理容美容器具の製造・販売 企業を傘下に抱える持ち株会社、アデランスホールディングスは15日、同社 の2009年2月期連結業績予想を下方修正した。純利益は前期比15%減の5億 円と従来予想の23億円から大幅な減額を見込む。市場環境の厳しさと経営体 制の混乱による影響が要因。

売上高は前期比横ばいの750億円(従来予想は791億円)、営業利益は同 34%減の27億円(同54億円)とそれぞれ減額修正した。同社は今後、国内の 中核事業の売上計画を修正するほか、広告宣伝や出店なども見直し効率化を図 る方針。

5月に開かれた定時株主総会で経営陣再任が否決されていた同社は今月9 日に臨時株主総会を開催し、筆頭株主スティール・パートナーズ幹部を含む新 任取締役7人が承認された。

アデランスHの株価は前日比49円(2.6%)高の1961円。