米ファニーとフレディ、公的資金投入による救済が必要-WSJ調査

米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)がエコノミスト53人を対象に実施した調査で、ファニーメイ(連邦 住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)への支援で、米政府 が資金を投入せざるを得なくなるとの見方が過半数を占めた。同紙のオンライン 版が14日に報じた。

同紙によると、ポールソン財務長官が7月に発表した支援計画に盛り込んだ 公的資金投入が必要になる確率は、調査の平均値で59%とされた。68%はファ ニーメイとフレディマックには民間資金による増資が進められるべきだと回答し たが、3人に1人は両社が国有化され、住宅市場回復時に、より小規模に分割さ れるべきとの考えを示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 竹内 正子 Masako Takeuchi +81-3-3201-3986 mtakeuchi5@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

FNM US<Equity> FRE US<EQUITY> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE